1:
主婦のこだまさんが2017年に出版した自伝「夫のちんぽが入らない」(扶桑社)。
タイトル通りにS●Xができない夫婦の物語はベストセラーとなり、文庫化、コミック化に続いて2019年には実写ドラマ化が決まっている。
快進撃を続ける通称「おとちん」だが、タイトルが直截的な表現であることから、出版当初から版元が「お客様がタイトルを声に出して
言わなくても書店さんにご注文できる申込書」を用意するなど、配慮がされてきた。

しかし、書店では女性店員にこのタイトルをわざと言われる男性客が続出しているという。作家の林真理子さんが「週刊文春」
11月22日号の連載コラムで明らかにしたもので、ある地方の書店ではこの本を販売したところ、若い女性店員を狙い、
とぼけたふりをしてタイトルを言わせたり、問い合わせの電話をして発音させたりする男性客が「わらわら寄ってきた」という。

林さんは、「本を売る末端で、店員さんたちがこんな嫌な思いをしていることを、作者や編集者は知っているのだろうか」と疑問を投げかけている。
確かにこのタイトルは、たとえばYahoo!のリアルタイム検索でNGワードとなるなど、必ずしも一般的な表現とは言い難い。
果たして、そうした文言が含まれるタイトルをわざと女性店員に言わせる行為は、何かの罪に問われるのだろうか。寺林智栄弁護士に聞いた。

●女性店員が嫌がっているのにしつこく聞いたら?
こうした行為はそもそも何かの罪に問われる?

「結論からいえば、軽犯罪法の業務妨害の罪(第1条32項)、あるいは刑法の業務妨害罪(233条)に該当する可能性があると思われます」

では、具体的にどこからがアウトになるのだろうか。たとえば、タイトルを1回、尋ねた場合と、答えてもらえなくて複数回尋ねる場合
(場合によっては、女性店員にいやがられてもしつこく聞く)とで違いはある?

「1回尋ねただけの場合には、原則的には犯罪に該当するとまで断定することは難しいと思われます。ですが、聞き方によっては
『他人の業務に対して悪戯などでこれを妨害した者』に該当するとして、軽犯罪法違反に問われる可能性がありうると思います。

女性店員が嫌がっているのにしつこく聞くような場合には、回数や頻度によっては、軽犯罪法違反のみならず、刑法の業務妨害罪になる
可能性が出てきます。『虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者』で、
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。

特に電話を切っても何度も何度もかけてくるようなケースについては、この業務妨害罪になる可能性は高くなるのではないでしょうか」


2:
おとちんとかいうクソダサネーミング


3:
どんな内容なんその本


11:
>>3
旦那と性生活がうまくいかなくて、お互い他の奴相手なら問題なくちんぽ入るから2人とも堂々と浮気する話


61:
>>11
旦那も入れるんか(困惑)


5:
作者もそれ狙って付けたタイトルなんやろ


6:
ちんぽ言うてみい!


7:
若い人妻バイトに言わせて録音したい


13:
なおこの本自体がクソゴミ


19:
おっぱいバレーも買うとき別名で行けたな
ナイスオッパイくださいで行けたような


20:
スケベなオジサマは頭良いからな
あの手この手でギリギリセクハラにならないラインを攻めてきよる


21:


24:
難聴差別やめろ


25:
きっしょい奴がいるもんやな


26:
これおもろいんか


27:
>>26
まんさん向けやけど意外とおもろかった


29:
インポで入らないってことなんか?


34:
>>29
旦那のがデカすぎるんや
行きつけの風俗でキングって呼ばれるぐらい


31:
欲しい本だけどタイトルをド忘れしちゃうことってあるやんそしたら店員さんに聞くやん
なんでそれで犯罪みたいに言われなあかんのですか!


32:
なんつー下品なタイトルだ


33:
弁護士の言ってることは別にこのタイトルに限った話ちゃうけどな


35:
まぁバイトJKがこれ言うの想像したら正直反応したわ


68:
>>35
書店バイトでJK募集しとるとこなんか滅多になくないか?
TSUTAYAはOKだっけ


36:
こんなタイトルつけるほうが悪いだろ
作者が死ねよ


40:
夫のちんぽが入らないありますか?ニチャア


41:
ぜってえ嘘だわ
嘘松総本家の林真理子やし


43:
言うほど可愛い店員おるか?


45:
夫のちんぽがでっかいって話なん?


60:
>>45

no title

せやで


69:
>>60
キングは草


引用元:http:2ch.sc